南紀くろしおです。


前回記事で、火事を起こしそうになった事を書きましたが…。
先日、睡眠中の夢の中で火事を起こしてしまう夢を見てしまいました。。

そして、三菱の軽トラのお客様からのご依頼です。
「南紀くーん。ガソリン満タンにしても、メーター全然上がらへんのよぉ。」
基本的な診断の結果、メーター本体ではなく、ガソリンタンク内のフロートの故障と断定です。
「半分位ガソリン残っているから」 とお客様。残っているガソリンを抜きまして、タンク本体を降ろしました。そして、フロートの取り外しの時です。
プチッとボルトが折れてしまいました(汗)錆びの激しいトラックで、しかも直径5mmの細いボルト&ナット。折れないように細心の注意をしていましたが…。
3本中、1本がポキッとwww

タンクからボルトが伸びていまして、部品はナットで固定されます。
「あと少し」の所なんですが、ナットがどうしてもねじ山に掛かりません。
1日悩んだあげく溶接でボルトを延長させようと決断しました。

かなり危険な作業です。タンク内の気化したガソリンで爆発する可能性が大(笑)
タンク内のガソリンを完全に抜き、3日間そのまま放置。気化したガソリンが出て行ってくれる事を願ってです。
nankiDSC_0009_20160912215425927.jpg

数日後、溶接開始です。熱を奪う為、濡れタオルを置きまして、タンク側のボルトの上に予備溶接。
バイプラに挟んだボルトを熱し、予備溶接した所を熱し、引っ付けようとした時でした。

その瞬間どうなったかは、ご想像にお任せします。   ぅ(@゚Д゚)@。Д。)わぁぁぁ~~~~ッ!!!!!!





*     *     *     *     *
スポンサーサイト