2013.08.19 断髪式
南紀くろしおです。


甲子園の高校野球も大詰めを迎えました。
和歌山代表の箕島高校。大会初日の第三試合の登場でしたが、惜しくも敗退しました。
石川代表の星陵高校との対戦が実現しないか楽しみにしていましたが(涙)

以前のブログ記事の冒頭で、箕島対星陵の試合の事を少しだけ書きました。
今年は尾藤監督の息子さんが監督として出場し、
星陵には1塁ファールフライを捕球時に転んでしまった選手の息子さんが選手として出場されます。

歴史的な再現を、と期待しましたが… 


そういえば箕島の試合中に緊急地震速報が出ましたね。
かなりの広範囲の予報でしたので少しビビりました。
ラジオを聞いていましたが、試合はそのまま続行されてた様です。

それにしても誤報でヨカッタです。。。。。





*     *     *     *     *
スポンサーサイト
南紀くろしおです。


高校野球は準々決勝が一番面白いと言われますが本当ですね。
今年は久しぶりに1日で4試合の準々決勝が見れました。
4試合ともに1点差の好ゲームでした。

仕事が終わればシャワーを浴びて試合の続きをTV観戦。
第4試合の富山第一VS延岡学園の終盤に差し掛かる所でした。
9回同点の1アウト1、3塁。ライト前に抜けると思った打球は4→6→3のゲッツー。
セカンドのスーパープレーでしたね。捕球後の回転しながらの送球って難しいんですよ。
久しぶりに野球を見てトリハダが立ちましたわ(笑)

えっ? やり直し? 

実は私、少年野球の審判の資格を持ってました。学科試験と実技試験を受けています。
タイムは塁審や選手が申告して、球審がタイムを認めて初めてタイムになります。この場合はレフトの線審が大きなゼスチャーと大声?でタイムを申告してましたが、球審は気づいていません?でした。
どうなるのかなと思っていましたが、試合に関係の無いボールが入って来たのでボールデット扱いになった。と私は解釈しました。

試合を左右する再開後の2連続三振には涙が出そうになっちゃった(爆)





*     *     *     *     *