南紀くろしおです。


風呂に入って体をゴシゴシする時は、昔からナイロン製の目の粗いタオルで洗うのが大好きなんです。
首の後ろとか、背中とか、「血でるで~」って突っ込まれそうな位ゴシゴシするのが最高です?(笑)

夏休みの頃から首の後ろに少し違和感を感じました。風呂から上がってもかゆみが取れない…。
あせもかなあ?と「ムヒ」をすり込むとメッチャしみる~。
嫁さんに見てもらっても「なんにもなってないよう。ぶつぶつも無いし」

秋から冬にかけてもかゆみが収まらない。「ムヒ」→「オロナイン」→「ヒビケア」と市販薬を変えても改善せず。寝ている時もかゆみで起きる事もあり、皮膚が突っ張る感じにもなって来ちゃいました(汗)
先日、もう一回別の市販薬に変えてみると「いい感じ~」 皮膚に染み込んでいく感じです♪

2日後、嫁さんが急に 「何? その首の後ろ(怖)」

子供達もドン引きです(泣) 嫁さんの携帯で写メを見せてもらうと見るも無残な事になってます。
赤いブツブツがイッパイ出来ていました。

毎朝鏡で確認するとブツブツが首の前へ繁殖して来ました。それはそれはものすごい勢いで…

病院へ行くと 「かぶれたね。薬は薬剤師さんと相談した?」と軽く説教され(爆)

処方薬はやっぱりいい感じ♪ かゆみは残っていますがブツブツはあっという間に収まり始めています。
何でも素人判断は危険ですね。。。。。





*     *     *     *     *
スポンサーサイト
2013.03.05 とちてつ
南紀くろしおです。


3月2日、3日で「なつかしのくろしお」が運行されました。

娘と復路の列車の撮影に出掛けました。紀伊姫駅の近所の田んぼの広がる場所へ。
天気は快晴で風は少し吹いていましたが、待っている間はなかなか気持ち良かったです。
春はもうそこまで来ている。そんな雰囲気がプンプンしていました。

nankiDSC_0040_20130305175310.jpg


数年前、紀勢線電化25周年で 「リバイバル急行きのくに」 が運行された様ですが、(その頃は鉄道にはあまり興味は無く知りませんでした)そろそろ…

名古屋~紀伊勝浦間で 「リバイバル急行紀州」 走ってくれませんかね?(笑)





*     *     *     *     *
南紀くろしおです。


9日(土)に紀勢線の串本駅近くで、JRの避難訓練が行われたようです。

朝8時半頃、お客さん宅へ車の引き取りに向かっている途中、停車中の列車を発見しました。
この場所は、地元の津波避難経路になっております。線路を横断して高台へ上がる階段があるんです。

「あれー? 事故でもあったのかな?」

行先方向幕は「試運転」となっています。高台からは大勢の高校生らしき学生さんが降りてきました。
皆さん停車中の列車に乗車したようです。

本当に地震が起きて津波が来た時、この位置で列車が停車すると最悪な事になります。
線路を渡って高台へ上がれません。ましてや6両編成のくろしおが停まっちゃうと・・・・・
nankiDSC00015.jpg

どうせ避難訓練するなら高台へ上がる避難経路から車両1両分でもズラしてやればいいのに…。
地元民の私からすると、JRのマニュアルでは「ここで停車して乗客を降ろす」となってるの?
って疑ってしまいますが、どうかこの場所で脱線だけはして欲しくないですね(汗)

紀伊浦神~下里間で、線路沿いに簡易ホームが建設されています。この区間で地震が発生し津波警報が発令された時、乗客を降ろす為の簡易ホームだそうです。あと数箇所、別の区間にも作られているそうです。

東日本大震災から2年…。海岸沿いに住む者としては決して他人事ではありません。





*     *     *     *     *
南紀くろしおです。


いや~っ、ようやく暖かくなりましたね。

自宅の裏山でウグイスが鳴きだしました。シーズン初めの鳴き方はとてもヘタで笑ってしまいます。
ホーホケキョ ではなく ホーホーホーーーッゲキョ 
裏山へ行ってウグイスの写真を撮りたかったんですが、声はするけど姿が見えない…

先日お客さんからスクーターをいただきました。
nankiDSC_0052_20130317210041.jpg
ちょっとそこまで用事に、なんて時に大活躍しています。

今日は天気が良くてポカポカ陽気 娘を乗せて誰も居ない自宅前の浜を二人乗り(爆)
風を切って走るのは最高ですが、良い子の皆さんはマネしちゃダメですよ。




*     *     *     *     *
2013.03.20 サクラサク
南紀くろしおです。


WBC負けてしまいましたね。野球好きの私としてはちょっと残念。
それにしても台湾戦は手に汗握る接戦でした。
1点ビハインドの9回2アウトからの同点劇。井端選手はよく打ってくれましたが、その直前の鳥谷選手の盗塁にはシビレました

かなり過去の事になりますが、私の中で最も印象に残っている野球の試合は、小学2年生の頃。
高校野球の簑島(和歌山) 対 星陵(石川) の試合です。延長18回の大熱戦のサヨナラ勝ち。
何回だったかなあ? 延長戦の1点ビハインドの2アウトランナー無し。最後の打者になると思った打球は1塁へのファウルフライ。誰もが「終わった」と思った時、1塁手がブルペンの段差で転んでしまうんですよね。で、同点ホームラン。

当時から私は野球が好きで好きで、高校生になったら地元から甲子園へ行ってやる!と意気込んでいましたが、高校ではバスケ部に所属してました(笑)





*     *     *     *     *