上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
南紀くろしおです。


次男君のスイミング。小3から始めましたが、ついに念願の 0級獲得!
通っているスイミングスクールで最上級の級です。
ラッコ級、クジラ級、イルカ級、13級、12級 … 1級、0級 となります。

ラッコ、クジラ等は顔を水につけたり、水中でじゃんけんしたり。その後は、25m平泳ぎが何秒で何級、25mバタフライが何秒で何級…と進んで行きます。1級から0級への昇級試験は、バタフライ→背泳ぎ→平泳ぎ→クロール(順番は?です)を50mx4の個人メドレー。4分40秒(だったかな?)以内にゴールが条件だそうです。
試験は毎月最後のスイミングの日。過去3回ほど落ちていました。ペース配分が難しいそうです。中学1年になると合格タイムが4分20秒?になるとか。(小5では5分以内?らしいです)なんとか3月までに合格したいとがんばっていました。

水泳はいいですよね。全身運動で肺活量も鍛えられますし、最近では肩から背中への筋肉がすごいです。おぼこい顔して、プーさんみたいに少しお腹が出ている次男ですが、だんだんとたくましくなってきました。

0級以降はどうなるの? と言う疑問だけが残りました(笑)





*     *     *     *     *
スポンサーサイト
毎年この時期(2月・・・)に「ヨコハマ鉄道模型フェスタ」というのがあります。
桜木町駅の最寄、ランドマークプラザ5Fのランドマークホールがその会場です。

夏のJAMなどに比べてしまうとこじんまりとしていますが、物販などで掘り出し物がある時もありますし、メーカーの発売予定品のサンプルなどにお目にかかれたりもします。

DSCF7542_convert_20130203232201.jpg

昨年までは息子が保育園児だったので、平日を選んで行っていたのですが・・・息子も小学生なので、午前中のサッカーが終わってから足を運びました。

各メーカーの用意したレイアウトなどもあるのですが・・・あまり新鮮に感じなかったので軽めに見まして、写真も撮っていません(^^;

今回のお目当てはTOMIXのサンプル展示!
DSCF7527_convert_20130203231525.jpgDSCF7528_convert_20130203231555.jpgDSCF7526_convert_20130203231445.jpg
16番ゲージのE26系寝台客車「カシオペア」です。
発売が遅れているのですが、今月末には発売されるのでは・・・

プラ製であの銀色がどんな仕上がりになるのか・・・どうですか?なかなかイイ感じじゃないですか?
写真なので分かりにくいかもしれないのですが、かなりイイ出来栄えだと思いました!

比較対象として・・・
DSCF7532_convert_20130203231748.jpgDSCF7536_convert_20130203231824.jpgDSCF7538_convert_20130203231855.jpg
こちらはKTM(カツミ)が走らせていた真鍮製の「カシオペア」です。
どんなに良くても高額すぎて・・・

限られた予算の中で考えると、TOMIXの製品に不満は感じられないなぁ・・・と。
すでに予約済ですし、かなり待ち遠しくなりました!

DSCF7530_convert_20130203231638.jpgDSCF7531_convert_20130203231717.jpg
あと、名鉄ファンの私が個人的に気になった展示は・・・
日車夢工房ブランドでKTM(カツミ)から発売予定の「名鉄1800系」です。
やはりイイ仕上がり!
でも・・・一番好きな時代の名鉄からはかけ離れた車輌なので、購入意思はナシ。

今回はNはサ~っと流して、16番ばかりじっくり見てきました。

DSCF7555_convert_20130203232458.jpg
父親の趣味に付き合わせた息子に、お土産。
TOMYTECの手動前面方向幕「東急7000系・田園都市線」です。
数ある物販品目からナゼだかコレ・・・入っている行き先が地元で知っているモノばかりなので楽しそうだと感じたようです。


さて、今回のフェスタ前に今回の会場の並びにあるカツミ横浜店から葉書が届いておりまして・・・
DSCF7552_convert_20130203232428.jpg
毎度、この期間中にSALEが開催されるのです。
Nは掘り出し物に出会えるかもしれず・・・カツミの16番は定価販売が当たり前の中、20~35%OFFの商品があるのです。

DSCF7539_convert_20130203231937.jpg
カツミ横浜店の入口。
DSCF7541_convert_20130203232106.jpgDSCF7540_convert_20130203232028.jpg
入口脇のショーケース内のレイアウト。
エンドレスではなくて、終端部分(1枚目)から出発してカーブを通過〈2枚目)してまた終端部分(1枚目)に戻るのを自動で繰り返します。
今日は走っていませんでしたが・・・

事前に職場の同僚から、「欲しそうな・・・・・・・が特価で出ている」との情報がありまして・・・

DSCF7549_convert_20130203232240.jpgDSCF7550_convert_20130203232320.jpg
あらららら~・・・
帰宅すると「KTM」と書かれた袋が~!

DSCF7551_convert_20130203232357.jpg
だって、オークションでも見たこと無い価格で新品・・・ずっと欲しかったので・・・
夏のボーナス一括で・・・内緒の買い物です。
箱から出すのは少々先のことになりそうです(^^;

頑張って働いて稼がねば・・・でした。













南紀くろしおです。


2月6日に津波注意報が発令されました(汗)

NHKラジオを聴きながら仕事をしていますが、この日のお昼からソロモン諸島(でしたっけ?)で大きな地震が発生したと放送しているのに気付きました。
ごくごく小さな津波が来るかもしれない。気象庁は14時半頃、津波注意報を発令するかどうかの決定をしますと言ってました。そして14時半頃ラジオから…

「只今気象庁が津波注意報を発令しました。海岸付近には近づかない様に・・・・・」
と同時に、町内の防災無線のサイレンが鳴り響き… 「津波注意報が発令されました・・・・・」

お~っ、なかなか情報を流すのが早いなと感心してましたが、
学校の下校時間ですやん…(汗)

今回は津波注意報やからいいけど? これ大津波警報やったらどんな行動をすればいいのかな?と考えていると娘が一人で帰宅しました。

「津波来るん?」と顔が引きつってましたよ。学校で靴を履き替えて校舎を出た時、サイレンが鳴ったそうです。校長先生があわてて出てきて子供達を呼び止め職員室へ走って行き、しばらくすると大丈夫なので気を付けて帰る様に…との事。
4年生の女の子が泣いていたそうです。そりゃあそうですよね。東日本大震災であれだけの映像が流れていましたからねぇ。

津波という言葉にピリピリしております。。。。。





*     *     *     *     *
南紀くろしおです。


晴女…
昨年まで娘が通っていた幼稚園の園長先生。運動会やお楽しみ会の屋外行事。雨の天気予報でダメか?と思っても開始直前で雨は上がり晴れて来ます

雨女…
次男君の担任の先生。自分でも「私は雨女」と言っているそうです(笑)そういや5月の修学旅行も雨でした。最終日のUSJでは次男君一同はカッパを着て回ったそうです

晴女 VS 雨女 の対決(爆)

先日、次男君は小学生最後となるお別れ遠足に行きました。行先は白浜のアドベンチャーワールド。数日前から天気予報は雨の予報でした。出発の前日、嫁さんがスーパーで幼稚園の年長さんのお母さんと会い、なんと幼稚園も同じ日に同じ場所へお別れ遠足に行くと聞いたそうです(笑)

嫁さんと「最後の遠足やから雨降らんといて欲しいね。でも園長先生のパワーで雨雲飛んで行くんとちゃうか?」なんて話してました。当日は朝から雨。3時頃までシトシトと降ってました。傘は必要な位です。
4時頃、次男君は帰宅しました。

あんまり傘いらんかった!

かろうじて晴女の判定勝利みたいです(笑) ヨカッタヨカッタ





*     *     *     *     *
昨年末・・・オークションにて我が家にやってきた車輌、カツミ製の16番ゲージ「伊豆急2100系1次車・黒船電車」。
2007年に発売され、まだメーカー在庫もあるのですがブラス製ですしかなり高価・・・
格安(見方によれば、まるっきり安くありませんが・・・)でお譲りいただきラッキー!でした。

基本的に美品なのですが、若干の整備が必要なのでその作業報告です。
台車の整備をしました。

まず・・・16番の台車のお話しから・・・
DSCF7628_convert_20130217004911.jpg
これ、T車の台車でございます。
参考写真ですので、手持ちの名鉄の旧車などに使われている日光モデル製「日車D-16」です。
完成状態の台車と、ばらした状態。

DSCF7631_convert_20130217004939.jpg
「ボルスタ」です。
正式には「枕梁」という言い方かなぁ・・・と。コの字型の部品です。
少し歪みが出た状態なのが分かるでしょうか?
DSCF7634_convert_20130217005008.jpg
修正し、正常にコの字にした状態です。

このような不具合、ブラス製の車輌は重量があるので、重量に負けてよく出る症状なのです。
今回は「黒船電車」の数箇所の台車にこの症状が見受けられるので整備します。

この状態のままでは車輪が脱落したりするので・・・




ついでに、車輪の話し。
間違い探し・・・この2個の台車のある部分に間違いが・・・
DSCF7635_convert_20130217005036.jpg
ブラス製の車輌は内装などの一部のパーツ以外、台車枠などの細部まで金属だらけです。
そこで・・・この写真の右側の車輪に問題点(間違い)があります。

DSCF7671_convert_20130217010620.jpg
左右の車輪の中央部分の違いにお気づきでしょうか?
左側の車輪の中央部分は一体の金属ですが・・・右側の車輪の中央部分は絶縁用の樹脂パーツが入っています。

DSCF7672_convert_20130217010750.jpgDSCF7673_convert_20130217010848.jpg

車輪の向きに注意が必要なのです。
これを間違えるとショートして、車輌が動かなかったり逆走したり・・・

この様に同じ側に絶縁側・否絶縁側をそろえる必要があります。

そして、1両の前後の台車で絶縁・否絶縁の向きが互い違いになるようにします。
もちろん、メーカー完成品はあらかじめこの状態ですので車輪が外れなければこのような知識は不要なのですが。

参考までに、今回の「黒船電車」ではこんな感じ・・・
DSCF7657_convert_20130217010043.jpg
伊東・熱海方の山側(写真、上側)が絶縁(樹脂パーツあり)。
DSCF7656_convert_20130217010012.jpg
伊豆急下田方は海側(写真・下側)が絶縁(樹脂パーツあり)。

こんな具合です・・・説明が長くなってしまいました。


さぁ!やっと本題です!
DSCF7642_convert_20130217005308.jpg
7両編成中、1・4・5号車の台車に不具合が見受けられましたので整備します。
写真のようにボルスタが車輌の重さで「ハの字」に広がっています。

ボルスタに装着した台車枠で車輪を支えているのですが、ボルスタが広がってしまうと車輪が脱落してしまいます。

DSCF7663_convert_20130217010237.jpg
正常なボルスタの内側の間隔は19mm。ちなみに16番ゲージの線路幅は16,5mmです。

DSCF7669_convert_20130217010431.jpg
要整備のボルスタ内側は20~21mmほどに広がっていました。
DSCF7670_convert_20130217010526.jpg
台車枠を外しても同様の広がりが確認できます。

DSCF7645_convert_20130217005343.jpg
整備の為、台車枠をばらしてしまいます。

DSCF7648_convert_20130217005519.jpgDSCF7646_convert_20130217005420.jpg
こんな風に、ボルスタのみが残った状態にしてしまいます。

ホントは、車体から全て外して新品交換が必要かな~とも思ったのですが・・・カツミ横浜店でお聞きしたところ、完全にダメじゃなければ簡単に整備(修正)出来る!と方法も教えていただいたので、その方法で済ませてしまいます。
ちなみに、エンドウ(こちらも16番、ブラス製のメーカーさん)のHPでも整備方法として掲載されています。

DSCF7647_convert_20130217005450.jpg
ちょっと強引に見えますが、力技!
指先で少しずつ・・・グイグイと間隔を狭めます。
これで19mm間隔に戻します。

DSCF7649_convert_20130217005600.jpg
とりあえず、台車枠と車輪を装着!

DSCF7652_convert_20130217005802.jpgDSCF7651_convert_20130217005725.jpg
線路上に車輌を置きまして・・・
DSCF7650_convert_20130217005650.jpg
通電!
問題なしです。

かるく転がして(走らせて)、車輪の転がりに問題が無ければOK!

DSCF7658_convert_20130217005907.jpgDSCF7659_convert_20130217010132.jpg
台車枠、車輪の締め付け具合などを調整して完成です。

イメージとしてはガチガチのしっかりした状態ではなく、少しゆるみが感じられる状態です。
線路の繋ぎ目の段差やカーブなどに対応する為、このような感じなのですね~。

DSCF7677_convert_20130217011059.jpgDSCF7678_convert_20130217011141.jpg
整備の必要な台車、全ての整備が完了!

もう一点・・・整備!
DSCF7638_convert_20130217005116.jpg
パンタグラフのホーンが一箇所、曲がってなくて伸びたまま・・・写真の右側のホーンです。

DSCF7640_convert_20130217005153.jpgDSCF7641_convert_20130217005235.jpg

指先で慎重に曲げて・・・フゥ・・・
折ってしまったりして交換するとなると、パンタグラフ1個が3,000円ほど・・・治せてヨカッタ!

DSCF7679_convert_20130217011216.jpg
ちょっとお掃除・・・
ホコリなどを取り除くのに筆先が便利です。

DSCF7701_convert_20130217011843.jpg
さて・・・7両つないでみようかな~。
この「黒船電車」・・・2100系1次車の晩年の姿になります。
7両中、パンタグラフが4個。
今時なら2個あれば走るのでは・・・

ちなみに、模型としてのM車は2両・・・2&6号車です。

DSCF7683_convert_20130217011303.jpgDSCF7685_convert_20130217011339.jpg
デッキに天窓があったりしてユニークな連結部分です。
DSCF7702_convert_20130217011931.jpg
妻面も号車ごとにバリエーションがありまして、デッキが無い連結箇所の貫通扉が中央ではない箇所もあります。
この車輌のシート配列によるところでして・・・山側は一人がけのクロスシート、海側はロングシートのような感じで海を向いていて・・・通路が少し山側に寄っているのです。

DSCF7705_convert_20130217012015.jpg
山側・・・
窓配置は座席ごとに・・・

DSCF7706_convert_20130217012300.jpg
海側・・・
眺望を考慮した連続窓・・・

DSCF7686_convert_20130217011419.jpgDSCF7709_convert_20130217012510.jpg
4号車は特徴的です。
車輌の中央、山側に小部屋があります・・・演奏室です。

晩年は使われていなかったようですが、エレクトーンが置かれて生演奏が楽しめたそうです。

DSCF7708_convert_20130217012438.jpg
山側の演奏室部分には窓がありません。

DSCF7707_convert_20130217012348.jpg
そしてこの車輌にはトイレがあるのでタンク付。

DSCF7688_convert_20130217011548.jpgDSCF7689_convert_20130217011631.jpg
KATO製の線路、R550は曲がれるのですが・・・こんな姿はちょっと見たくないかも。

DSCF7690_convert_20130217011704.jpgDSCF7691_convert_20130217011754.jpg



広々としたレイアウトで走らせたくなったのでした。

まだ装着していないワイパーやナンバリングはまた後日・・・







































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。