上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
南紀くろしおです。


明けましておめでとうございますm(__)m 本年もよろしくお願い致します。 

それにしても一年経つのが早いですね。今春は長男は高校受験です。次男も中学へ上がります。今年はどんな1年になるのでしょうか?

そんなこんなで、お正月は大阪へ帰省してきました。

合格祈願も兼ねて初詣へ。向かったのは…大阪天満宮。お参り後は境内のすぐそこにあるうどん屋さんに行きました。「箸で持ってもすべらんうどん」だそうです。
nankiDSC00022.jpg

最近?では、受験などに「すべらない」とゲン担ぎで訪れる人も多いとか。一杯頂きました。
nankiDSC00024.jpg
2本1組の麺。所々に切れ目が入っています。3月にいい報告が出来るといいですね





*     *     *     *     *
スポンサーサイト
南紀くろしおです。


自宅裏の裏山。津波避難用のロープの設置がやっとこさ終わりました

一昨年の秋、100mのトラロープを購入。山のテッペンの大木に結ぶも足元の斜面が急すぎて、途中でロープがダンゴ状になってしまい、そのまま放置してました。数週間前、次男が1人でその続きを始めました。  「だいぶほどけたよ~」との事。

今日は子供達と一緒に作業を再開しました。途中でコブを作って握りやすくしたり、途中の大木に絡ませたりと4人で作業をするととてもはかどります。

完成後、子供達は登ってみました。私は作業でヘロヘロだったので下で見物♪

成果は… 大成功の様です。避難訓練時は山頂まで8分掛かりましたが、ロープがあると5分位で登れるのでは?と思っています。





*     *     *     *     *
昨年末に仕入れました車輌・・・時間を見つけて付属パーツを取り付けてみました。
KATO製の16番ゲージ「DD51 北斗星色(タイプ)」です。
重連で走らせたいので2両仕入れました。

ちなみに16番というゲージ名称ですが・・・縮尺1/80の正式な名称です。KATO製やTOMIX製で一般的に呼ばれているHOゲージというのは厳密には縮尺1/87で完全に別物です。日本国内ではHOで通用してしまう事情など、この辺りのいきさつは「MODELS IMON」サンのHPを御覧いただくと詳しく掲載されております。

DSCF7349_convert_20121231132716_20130114132240.jpgDSCF7391_convert_20130114095416.jpg
作業は2日間に分けて1両ずつ行いました。
取り付ける付属部品は・・・
車番プレート、メーカーズプレート、ジャンパ管、手摺、ホイッスルカバー、ヘッドマーク。

DSCF7431_convert_20130114101803.jpgDSCF7434_convert_20130114101953.jpgDSCF7436_convert_20130114102035.jpgDSCF7392_convert_20130114095517.jpg
まずはホイッスルカバーです。
切り出して、バリをヤスリで綺麗に削り、取付け位置の穴に差し込むだけで固定できます。お手軽!
強度に不安があればゴム系ボンドを少量、使用するといいでしょう。
DSCF7395_convert_20130114095557.jpgDSCF7441_convert_20130114102225.jpgDSCF7438_convert_20130114102150.jpg
メーカーズプレートは函館所属の北斗星色なので「日立」を選択。
車番は・・・重連の組合せは固定されていないので付属の中から「1100」「1140」を選択。初日の作業の1両は「1100」にしました。
「1102&1142」の組合せのトワイライトに乗車した事があり、付属品の番号で一番近い番号にしてみました。
少量のゴム系ボンドを付けて、爪楊枝の背で押し付けて接着します。
爪楊枝・・・色々な場面で便利です!

DSCF7401_convert_20130114095815.jpgDSCF7404_convert_20130114095947.jpg
次にジャンパ管・・・それぞれのエンドに4本。
穴に差し込むだけで固定できます。
DSCF7402_convert_20130114095858.jpg
ヘッドマークは先頭部の手摺にはめるだけ。ステー一体型です。
ちなみに、各エンドの先頭部以外の手摺は自分で取り付けなければなりません。取付け部分の穴に差し込むだけで簡単ですが・・・細いので、差し込む際の力加減が微妙です。
DSCF7405_convert_20130114100035.jpgDSCF7406_convert_20130114100114.jpgDSCF7407_convert_20130114100152.jpg
右側が部品類を取り付けた1両。
左側の買ってきたまま状態とは雰囲気が違います!



さて、日を改めまして・・・
DSCF7409_convert_20130114100333.jpg
まずはジャンパ管・・・真っ直ぐ伸びた形状が格好悪い。
DSCF7420_convert_20130114100848.jpgDSCF7421_convert_20130114100933.jpg
格好悪いだけでなく、重連時にお互いに干渉すること間違いなし・・・どうしましょう?

と、いうことで・・・
DSCF7422_convert_20130114101022.jpgDSCF7424_convert_20130114101106.jpg
ロウソクを用意し、熱しながら曲げてみます。
熱しすぎると溶けちゃいますので要注意!
1エンド分の4本のみを曲げてみました。
今後の遊びかた次第で全てのエンドにジャンパ管を着けるのかどうするのか・・・しばらく検討してみることにしています。なので、とりあえず1エンド分だけ!
DSCF7425_convert_20130114101303.jpgDSCF7428_convert_20130114101617.jpgDSCF7430_convert_20130114101711.jpg
仮に、重連部分にしてみると・・・以下の通り。
DSCF7425_convert_20130114101223_20130114132727.jpgDSCF7426_convert_20130114101347.jpg
曲げれば干渉しないですね~。
でも・・・作業は客車が入線してから・・・TOMIXから発売予定のE26カシオペア待ちです(発売延期中なので)。
DSCF7442_convert_20130114102311.jpgDSCF7443_convert_20130114102345.jpgDSCF7453_convert_20130114102810.jpgDSCF7452_convert_20130114102736.jpg
機関車に詳しい方にはエンドという言い方は当たり前なのでしょうが・・・
このDD51は1エンド側が札幌方、2エンド側が函館方・・・らしいです。
1エンド札幌方のみジャンパ管を装着。ヘッドマークもこちらに装着。
DSCF7459_convert_20130114102959.jpg
重連用のもう1両と並べて記念撮影!



さて、箱にしまうのですが・・・
私は16番に関しては、保管の際は購入時のメーカー箱には入れません。
MODELS IMON製の紙箱を使用しております。
16番用の20m級用と17m級を車輌により使い分けております。
DSCF7460_convert_20130114103043.jpg
メーカーの箱は車輌を寝かせるように入れるものがほとんどですし、個人的には意外と気を使ってしまいます。

DSCF7461_convert_20130114103116.jpg
この銀色の箱がIMON製の紙箱・・・500円/箱。
DSCF7463_convert_20130114103236.jpg
プチプチ緩衝材、車輌を包む保護紙、車輌を載せる厚紙、箱の外に貼るラベルが1セット。
DSCF7464_convert_20130114103317.jpgDSCF7465_convert_20130114103349.jpgDSCF7466_convert_20130114103427.jpgDSCF7468_convert_20130114103512.jpgDSCF7462_convert_20130114103157.jpg
綺麗に、そして安全に車輌を保管できます。
ちなみに、この青いラベルは別売品・・・付属のラベルは白色です。別売りで数色、ラベルが販売されていますので用途に応じて使い分けできます。

真鍮製の車輌のような重厚な雰囲気はありませんが、プラ製の車輌は16番の大きさにしては価格も取り扱いも手軽でイイものです。




DSCF7469_convert_20130114120845.jpg
さて・・・我が家から見える雪景色。
国道246号線なのですが、坂道で立ち往生する車の影響で渋滞が続いています。
明日は早朝から勤務ですし・・・今日のうちに出勤しなくては・・・。

鉄道模型で遊ぶ時間は・・・また後日です。






















南紀くろしおです。


おお~っ。鉄道コレクションから琴電1080形が販売されるそうですね~。すっげー

今年の春、販売予定だそうです。メッチャ嬉しい~。しかも旧色と新色の2種類。早速2種類とも予約しました。
以前、鉄コレから京急1000形が限定販売されましたが、いつかは琴電1080形仕様でも販売してくれるのでは?と淡い期待をしてました。

年末には鉄道コレクション京急700形も限定販売されましたが、琴電1200形仕様でも販売してくれれば嬉しいなあ。リトルジャパンのキットはなかなか手に入らないですから。。。。。手作りキットより完製品の方が綺麗ですものね(笑)

鉄道コレクション第17弾も琴電がラインナップされていますし(*^_^*) 

この春が待ち遠しいです(^O^)





*     *     *     *     *
さて、先日はDD51の付属部品などの取り付けを御報告しましたが・・・今回はEF81です。
予定通りだと来月には予約済みの車輌、TOMIXから16番ゲージのE26系カシオペア(客車)が発売になり我が家にやってくる予定なので、せっせと牽引する機関車を整備しているのです。

DSCF7470_convert_20130121013429.jpgDSCF7471_convert_20130121013523.jpg

このEF81・・・通常商品とプレステージの2本立てで発売されており、私が仕入れたのはプレステージ!
手摺やパンタグラフがエッチング製で取付け済みです。
ユーザーが自分で取り付ける必要があるのはナンバーなどごく僅かです。


DSCF7472_convert_20130121013631.jpgDSCF7474_convert_20130121013805.jpgDSCF7475_convert_20130121013848.jpg
ユーザー取付けの付属品として、エッチングの薄い板でナンバー、製造メーカー、社名版などと、プラ製のヘッドマークがあります。
切り出す際に、パーツの紛失を避けるためにマスキングテープを利用してカッター台に貼り付けた後に切り出します。細かいので指先などで押さえながら切り出すのは限界があるので・・・。

ちなみに・・・ナンバーは好みのナンバーを選びたい場合は2枚目の写真の、ナンバー無しのプレートに付属のナンバー・メタルシールを貼り付ける方法になります。
個人的には、以前にカシオペア乗車の際に牽引していた「99」を選びたいところでしたが、作業が細かくなるので断念して、「92」記載済みのプレートを使用することにしました。よってメーカーも「三菱」に!

DSCF7473_convert_20130121013712.jpgDSCF7476_convert_20130121013918.jpg
プレートの貼り付けにはゴム系ボンドを使用します。
ピンセットでつまんで貼り付けるのですが・・・先端がより薄くて制度の高いピンセットを使用します。ステッカーなどの貼付作業には便利です。

DSCF7478_convert_20130121014035.jpg
「JR東日本」記載の社名版。
文字がよく見えず、上下方向はルーペで確認しました。
1エンド側(上野方)の左右両側に貼付ます。2エンド側は表記無しです。

エンド表記のプレートも付属品で入っていますが・・・写真の通り印刷済です。

DSCF7482_convert_20130121014159.jpgDSCF7481_convert_20130121014119.jpg
機関車側面のメーカーとナンバー・・・貼付位置を説明書で確認しながら作業します。

DSCF7486_convert_20130121014327.jpgDSCF7485_convert_20130121014240.jpg
先頭部のナンバーは、プレート中央に軽く(10°ほど)折り目を付けてから貼付ます。
はみ出したゴム系ボンドは乾き切る前に爪楊枝の先端に絡ませるようにクルクルと回して取り去ります!

DSCF7487_convert_20130121014408.jpgDSCF7488_convert_20130121014447.jpgDSCF7489_convert_20130121014522.jpg

そして「カシオペア」のヘッドマーク!
両面テープでの貼り付けが推奨されているのですが、現状では軽く着けておくだけで構わない状況なので・・・マスキングテープを細切りしてクルッと丸めて簡易両面テープにして貼付ました。

DSCF7490_convert_20130121014646.jpg
収納ケースはいつものIMON製の紙箱です。

DSCF7492_convert_20130121014721.jpgDSCF7493_convert_20130121014802.jpg
展示用ジオラマにDD51と並べてみました!

個人的には、EF510よりこのEF81の方がカシオペアのイメージです!
EF81牽引でしか乗ったことが無いので・・・。
模型としてはEF510のカシオペア色も魅力的なんですけどね~。。。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。