南紀くろしおです。


おっ。 2か月ぶりに管理画面へ入れました~(笑)

事務所のPC(未だにXP)が管理画面にログイン出来ず。
自宅のPC(ビスタ)は画面が出ない。
カバーを外して内部をエアブローするとなんとか復活しました(汗)
が、今度いつ壊れるか分かりません…。

お友達のブログへのコメントも出来ず。

あー新しいPCが欲しい。。。


まもなく台風18号が最接近しますが、明日は娘の小学校最後の運動会です。
出来るかなぁ?



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
鳥谷選手2000本おめでとう!

スポンサーサイト
南紀くろしおです。


模型関係は全くと言っていいほど触れていませんので、近況報告などを(笑)


* * *


とうとうその日は訪れました。
長男殿が大学進学のために家を出て、学生寮での生活が始まりました。

年明けからは、あと3ヶ月、2ヶ月とカウントダウンが始まり、3月の中旬を過ぎる頃、
娘が 「兄ちゃん帰ってくるん? もう会えんの?」 を連呼し、
次男君は 「風呂賭け麻雀出来へんようになるなあ」 とつぶやき始めました。

残り10日程前からの夕食は、長男殿のリクエストメニューのオンパレード(笑)
最終日は特製海鮮巻き(巻き寿司)で締めくくりました^^

引越し当日、家族5人と荷物がパンパンに詰まった自家用車で寮に向かいました。
入寮説明会後、部屋へ荷物を運び込み、最終の買出しに行きまして、長男殿としばしのお別れ。。。
生まれてから今までの事が思い浮かびますが、これからは自分の道を歩み始めるんですね。
勉強も大事だけど、大学生活も大いに楽しんでもらいたいなあ。

そうそう。次男君も無事に高校入学が決まりました。


* * *


最近、積載車のトラブルが続いておりまして…(涙)
車検の車を車検場から工場まで持って帰り、降ろす時でした。
電気系統のトラブルらしく、荷台がスライドしません!!!
直接、油圧のレバーでの操作は出来たので問題無かったのですが、リモコンが使えないと
事故や故障の搬送で手間取ってしまいます。
購入したお店で修理してもらいましたが、1週間後に再び悲劇は起こりました。

お友達の板金屋さんが、「ごめーん。積載車貸して~。」 「どうぞ。使って使って^^」
30分後、電話が入りました。
「バイパスに乗ったとたん、クラッチペダルがスカスカになって、ギアが入んない~(涙)」
「はあ? マジで? どうしよう? レッカー呼ぼか?(笑) 路肩に停めれてる?」
「路肩!! HSAのランプも点滅してる。」←かなりテンパってる様です。

クラッチのオペからクラッチオイルが漏れているのでは?とひらめいた私は、ありったけの
ブレーキオイルを積み込んで現場へ向かいました。
現場では涙目の板金屋さんと、ひきっつた顔のディーラーの営業さんが居ました。
どうやら、板金屋さんで完成した車をディーラーさんに納車する直前だった様で、
納車約束時刻が迫っている感じです(爆)
到着後、車を確認すると予想通りブレーキオイルのタンクが空っぽでした。

ブレーキオイルを投入し、クラッチペダルを踏み踏みすると、
クラッチオペシリンダーではなく、クラッチオイルのパイプから噴水の様にオイルが飛び出ました。
サビでパイプが破裂しました。現場での応急処置は不可能です(汗)

二人とも 「南紀さん。どうしよう…」 と言うので (そりゃそうだわ)
「このままエンジンの回転数を合わせながら運転するわ。なんとかなるよ。」
「ええーっ。そんな事出来るの?」

で、どうしたかと言うと、
エンジンを切って、シフトレバーを3速に入れます。後方の安全確認後、セルを回し続けて発進。
ある程度スピードが上がるとシフトレバーを抜きます(かなり重いですが)
ニュートラル状態になったら、アクセルを少しあおって回転が下がってくる頃を見計らって、
シフトレバーを1速上げる位置にテンションを掛けます。
車速とエンジン回転が同調すると、スコンとレバーは入ります。

前方の信号が赤の時は停車せずに、かなり手前からトロトロ運転で。
これの繰り返しでディーラーさん社に到着。
拍手喝采を浴びました(笑)

積載車は置かせて頂き、後日部品を持ち込んで出張修理し、帰ってきました(疲)


*  *  *


春休みのある日、緊急地震速報が入りました。
正直トリハダが立ちましたよ~。とうとう来たか!って覚悟しました。

仕事中はN○Kラジオを流していますが、ピンロ~ン、ピンロ~ンと緊急地震速報のアラーム。
と同時にスマホから聞きなれない音が出たので、何?と思い画面を見ると、
地震!地震!
の文字が…。一瞬体が硬直しましたが、2階には子供達、1階には実父が居ます。

玄関の扉が開かなくなると脱出出来なくなる! と思い、走って玄関を全開。
でも、全然揺れません。
すぐに2階へ上がるとTVの前でビビリまくっている子供達が3人…
「揺れてないなあ」
「うそ? 2階メッチャ揺れたで。10秒位…」
「すぐ着替えろ。津波来るかも!」
津波の心配は無いとの事で良かった良かった。


*  *  *


他にも面白おかしい事はあったのですが、仕事が忙しくて(ええ事や♪)なかなかPCに向かえません。
そうそう、TOMIX 455系のサハシ を1両購入出来まして、やっとこさ5両編成になりました♪
通電式リレーラー改良版の工作も始めましたが、止まってばかりです(笑)

中途半端ですが、それでは今日はこの辺で(爆)


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
地震は本当に怖いです。。。

南紀くろしおです。


あらら。またまた広告表示が出てしまいました~。゚(゚´Д`゚)゚。
1ヶ月未更新で出てしまうので、2月下旬に更新しておいたんですが結局間に合わず…。

今日も午後から積載車で車検切れの車の引き取りに行ってきます。

てかさあ…。
3月中に廃車手続きしないと、乗りもしない車の税金が4月に来てしまいますよ。
せっかく2週間も前から言ってあげてるのに。
と軽く愚痴を言って今日はおしまい^^

私からの更新は、4月に入ってからになりそうです(・Д・)ノ



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
3週間連続勤務中♪(/・ω・)/ ♪

南紀くろしおです。


子供達との麻雀(笑) 家族内では労働を賭けるのに尽きますわwww
風呂洗い、洗濯物の片付け、時々皿洗いも含めます(笑)

平日は半チャン一発勝負!!(やりすぎは良くないので)
平日の私は何故か結構強いんです (「・ω・)「ガオー
長男殿、次男君がせっせと働いて、私は 「励むが良い」 と高見の見物www
土曜の夜は寝る寸前までやってます(爆)
週末分は点数だけ控えて特に何も無いのですが、ここ1ヶ月の総計で私は超最下位
「コレ当たりちゃうかな?」と思っても、自分の手を優先してしまい振り込みまくってしまうんですね。

「分かってて何で捨てる?」 「振り込み屋さんwww」 とイジられても、
「おい、1局勝負じゃ!」 と誘ってる私ってヘボ麻雀なんですわ(汗)





*     *     *     *     *
南紀くろしおです。


H19年式 CBA-PU31プレサージュ  VQ35(DE) V6(横置き) 3.5ℓ エンジンの不調。

事の発端は2015年のド年末。間もなく年末年始休暇に入ろうか。という時期でした。
車の不調を訴えたお客様の引取りの帰り道、「ガクガク」と早速不調が発生しました。
「たまにおかしくなる」が早々に出たので、ルンルンで診断開始♪
なんか1気筒死んでる様な感じがしますので、まずは診断機でダイアグを出します。
「P0300 複数CYL ミスファイヤ」
ありゃ、イグニッションコイルミスファイヤじゃない…。

とりあえずアクティブテストでパワーバランスを実施してみたけど、イマイチはっきりしません。
ドツボにハマリそうな予感がしたので、このまま新宮のディーラーへ駆け込みました。
私と同じ系統の点検後、すぐには原因が分からないので預かってもらいました。

翌日連絡が入り、
「南紀さ~ん、1個だけO2センサー(酸素センサー)動きが悪いのあるわ。明日から休みに入るから今日引き取りに来て、そっちで修理したってもらえる?部品はこっちから言うといてあげるわ。伝票は南紀さんとこへ回してもらうように頼んどくね。」
「ありがとうございます。その車のO2センサー4つ付いてるでしょ?どれ?」
「来てくれた時、車を見せて説明するわ~。」

引き取り時に教えて貰ったのは、インマニ裏側の交換しにくそうな場所にあるO2センサー。
残り3個のO2センサーは楽勝で交換できる場所に付いていました。
ちなみに1個30,000円もする部品です(大汗)

付けてくれた資料には 「O2センサー1 バンク2」 に丸印が入っていました。
この翌日部品が入り作業に取り掛かりますが、再度ダイアグを確認して見ると今度は、
「P0051 O2センサー1 ヒーターB2」 を検出しました。
「この部品が原因かどうかは自信ないけど…」と言われていましたが、
もう間違いない。これで完治する。

ただ気掛かりなのは、クランクプーリーに向かって左がバンク1、右がバンク2じゃなかった?
この車は横置きなので、右タイヤにクランクプーリーが来ます。
インマニは左手に見える格好です。
少々頭が混乱しましたが、私の勘違いでディーラーさんが正解と決めました。。。。。

なんとかかんとか部品を交換し納車。私も年末年始休暇に入りました。


で先日、「やっぱダメだわぁ」とお客様。
なぜなのか?すぐには症状が出ません(涙)

「昨日、奈良まで出掛けたんよ。行きの和歌山あたりと、帰りの自宅直前で酷くなってきてね。相当走らな悪くならへんのちゃうかな?ま、ゆっくり見てあげてwww」

潮岬の周遊道路を8週走ると症状が出ました。コレだけでも大変でしたが…。

診断機を繋ぎ、データーモニターで項目をチェックします。
交換したO2センサーの動きはそんなに悪くは感じません。
交換したので悪く感じなかっただけなのかな?

目に付いたのは補正空燃比の項目でした。
「100%前後が正常値で±20%で故障と判断して下さい。コンピュータで燃料補正するのでドライバーさんは故障と感じませんから、日頃から入庫した車を診断機で見て提案して上げて下さい。」
と講習で言われた事を思い出しました。

調子がいい時は100%前後で推移してたんですが、不具合発生時は、
補正空燃比B1=100%前後 補正空燃比B2=65% を示しています。
明らかにバンク2の燃料が薄いです。
アクティブテストで燃料を増量すると調子は良くなります。
じゃあ、補正空燃比を制御してるセンサーは何?
それはO2センサーもしくはA/Fセンサー。この車はO2センサーだけしかありません。
しかもバンク2のO2センサーは交換済み。
交換直前のダイアグではこのO2センサー系統の異常と、名指しで出て来ています。


あーっもう手詰まりだわwww ディーラーの担当者様へTELすると、
「ええっ? あかんかった? ほんならどっかからエア吸いしてないか? もうそれ位しかないでぇ。」
パーツクリーナーをぶっ掛けても変化無し。
今度は任意保険会社の技術ホットラインへ問い合わせを開始です。
「O2センサーを交換したのなら、補正空燃比の値は無視して下さい。他に原因はあります。データーモニターでVTC角度が±0又は1を大きく超えたり、実走行で左右バンク値で異なってませんか? エア吸いも考えられます。」
と、何か系統が違う事を見ろと言われてる感じがします。



もういい。自分の考えでやってみよっと。←最初からそうせい(笑)


やっぱ補正空燃比が原因だわ。だって燃料を増量すると調子がいいしね。
交換したO2センサー。本当に正解か?カプラーや配線の点検なしで素で交換したなあ。

データーモニターでO2センサーと補正空燃比を出しながら、カプラーや配線を揺すったり引っ張ったり。
でも数字に変化は無しか…。
よし! と思いカプラーを抜きました。 その時です。

補正空燃比B1の数値が100%前後から120%前後に増えました。
補正空燃比B2は65%のままです。
ピンと来ましたよ。

日産部販へTEL。
「年末にディーラーさん経由でO2センサー注文した分なんですが、あれはバンク2側ですかね?」
「ああ。あれですね。部品は右バンクか左バンクでの注文になりますが、右バンクが行ってます♪」

再度ディーラーの担当者様へTEL。
「部販へ確認したら、部品名は右バンクか左バンクになるらしいです。」
「そうやねん。伝えるのに苦労したわwww」
「右バンク左バンクってクランクプーリーに向かって右左って言うの?」
「ちゃうちゃう。エンジンを時計周りに回転させて車の右側か左側かやで。」
「ほんならこの車のクランクプーリーは今、右タイヤに来てるから、クランクプーリーはエンジンルームの後ろ側になりますよ。なんかおかしくないです?」
「・・・・・。あー逆やー。ごめーーーーーーーん。」



FR車の縦置きエンジンだと右バンク左バンクの間違いは無かった事でしょう。
この車はFFの横置き。

診断機はバンク1、バンク2と表現。
部品注文は右バンク、左バンク。
車検証は和暦ですが、診断機や整備書は西暦。
同じ作用の部品でも、自動車メーカーによって名前が違ったり。
名前(名称、俗称)や呼び方を統一してくれへんかな?(笑)


一番最初の作業前、クランクプーリーに向かって左がバンク1、右がバンク2と思った私が正解でした。
でもでも、O2センサーが怪しいと判断してくれたのはディーラーの担当者様。
ありがとうございました。

そうそう。年末に交換したO2センサーは捨てずに置いていました。
30、000円を追加して新品部品を入れる訳には行かないので、外したO2センサーを
所定の位置へ入れるとエンジンは絶好調。
完治と相成りました♪



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
今度は急に寒いです